~ゆる~く語り湯~

コングラッチ町田

プロフィール 名前 町田 康司

       職業 出版社勤務

~ゆる~く語り湯~  第76弾 by コングラッチ町田

 皆様いかがお過ごしですか?

いやはや、寒さもなかなか和らぎませんね…。

しかし、寒さが落ち着けば、花粉の季節…。

嫌だ…。

 さて、今回は『自分らしさ』!『自分らしさ』って難しいですよね。

時と共に変化していくものでもあるのでしょうし、確固たるものでもあるのでしょうし。

昨今、この『自分らしさ』を戸棚にしまっていたら、出鼻挫かれまして…。

歳を取ると『自分らしさ』って、いい歳になってと思っていたのですが、やっぱり大事!

と再認識した今日この頃でした。気付けて良かった。

 

 さて、今回はBlack Starの『Little Brother』。

これはJ Dillaがプロデュースしています。

この単調なリズムループにエレピのメロディ。

なんともジャジー。今回のVTRは生音でやっていますが、もとはサンプリングやっています。

サンプリングネタを生音でやってここまで嵌るのが、本当にJ Dillaの凄いところだなあと思う1曲です。

 

Black Star 『Little Brother』

次の曲はRobert Glasper Experimentの新譜。

『Thinkin’ bout You』。

これも昨今リピートして聴いています。

 

Robert Glasper Experiment 『Thinkin' bout You』

今回はやっぱりこの辺りが好きかな~と思う昨今の2強をお送りしました。

それでは、次回は花粉のあたりかな…。

 

0 コメント

~ゆる~く語り湯~  第75弾   by コングラッチ町田

皆様いかがお過ごしでしょうか?私、ゆる~くを少々お休みさせて頂いていました。その間に寒くなってきましたね。なかなか、いい曲に出会えず…。しかし、今回やっとこさみつかりました…。

今回は、久方面白かった映画もご紹介します!ウディ・アレンの映画で、『メリンダとメリンダ』!これが面白かった。ある出来事を命題として与えられた二人の劇作家が、悲劇と喜劇で捉え、ストーリーを作っていく。ある意味ウディらしい作品だなあと言えます。要は、起きた出来事をどう捉えるか?ということなのだと思います。確かに、起きた出来事をどう捉えるかは本人次第!それで人生も変わっていきますからね!傷つくもよし!面白おかしく捉えるもよし!選択肢は本人に委ねられているのかもしれませんね!

 

さて今回も2曲!やっとこさみつかった2曲!まだ購入していませんが、絶対に買う!

 

まずはKamasi Whasingtonの『The Message』です。この人は、ずっと気にはなっていたのですが、買うまでには至らず…。しかし、久方視聴してみたら、なんといい!この曲はすごくいい!本当に、John ColtraneとPharoah Sandersが乗り移ったみたいなゴリゴリサックス!この中間のソロパートのごちゃごちゃ感、そして曲全体の変容感。本当にPharoahを聴いているようでした。是非聴いてください!これはヘッドホンで聴いたほうが良いです。

Kamasi Washington 『The Message』

 

2曲目は、アメリカのSnoopyのCharlie Brownのドラマのサントラみたいなのですが、ある雑貨店で耳にして、これはいい!なんだ、これ?と思い、思わず店員さんに何ですか?CDですか?何かの有線ですか?と聞いてしましました。CDだったので、何とかアルバム名を知ることができました!これがいい!ジャケも良かった!

『A Chrismas Is Here』 Vince Guaraldi Trio  

 

長らく、音楽に出会わずで、遅れて申し訳ありません。待てど暮らせど、出てこず…。しかし、待っていれば、やはり出てくるものなのですね。それだけ、多くの音がまだまだ世にはある…。

 では寒くなってきましたので、お風邪などひかずに~。

1 コメント

~ゆる~く語り湯~ 第74弾  by コングラッチ町田

皆様、夜は秋風がチラホラと感じられるようになりましたね~。いかがお過ごしですか?

さて、今回は久方ゾクゾクって音楽で来ました!

たまたまラジオを聴いていたら、ロバートグラスパーか?と思うような曲が流れていて、

誰なのだろう?と思い検索してみました。グラスパーではなく、しかも日本人!!えっ?と思い、即レコード店へ。

するとやはり日本人!視聴すると、尚更震える!即購入!確かに聴き込めば、日本人だなと思うのですが、それでもクオリティは高い。

ニュージャズとヒップホップの要素を、かなり上手く取り入れています。

彼らはニュージャズを聴きこんでいるだけではなく、センスで昇華している。

ここまでのセンスを持った日本人はいないのではないと思うぐらいです。と重要なことを忘れていました。

名はWONK!詳しいことは知らないのですが、去年フジロックに出ていた模様。今回がファーストアルバムだそうです。

震えた曲は『Savior』。現在、フルで聴けるサイトがないので、サンプルを聴けるサイトを以下につけておきます。

9月14日にアルバムが発売される模様。某レコード店のみ現在先行発売しています。

兎に角、センスがすごいと思います。勉強してきたことを、センスと技術でよく昇華しています。

WONK

 

 

 さて今回も2曲。

どちらもこれから発売の新曲。

ロバート グラスパーの新譜が出ます!これも良い!

ソウルのBPMで聴いていて心地よいです。ロバート グラスパーでは珍しいかもしれません。

兎に角、聴き易い!この曲は一部サイトでは、現在配信しています。

 

Robert Glasper Experimet 『Day To Day』

 

 次にマック ミラーの新譜。これも聴き易い!安定した感じがいいですよね。

 

Mac Miller feat. Anderson Paak 『Dang』

 秋って、やはりブラックミュージックの新譜が良いのが多い!皆様、センスのいい秋を過ごして下さい~。

0 コメント

~ゆる~く語り湯~  第73弾  by コングラッチ町田

 先月と同じく暑い…。暑すぎです…。バテやすくなったのか?

本当に暑いのか?訳が分からなくなっています。

兎に角、水の有難みが身をもって実感する日々。

皆様、この夏はどこかへ行きましたか?私は特に目新しいこともせず…。

無常に夏が過ぎていく…。

 

 今回は夏という事で、夏っぽい曲を選曲したいと思います。

というか、この曲はオリンピック絡みで、ラジオで連呼されていたので、耳に残ってしまいまして…。

EDO MATTOの『Simple Guy』!通常とソロパターン2パターンをお楽しみください。

ちなみに1つ目の最初は『AOR』という曲です。

ラジオのジングルみたいですよね。

 

ED MATTO 『Simple Guy』

 

『Simple Guy』ソロ

 

 

 続いては夏の夜に合うかと思います。

Fertile Groundの『Yellow Daisies (Nicola Conte Mix)』です。

蒸したこの時季の夜、ぴったりとはまると思うので、ぜひ!

 

Fertile Ground 『Yellow Daisies (Nicola conte Mix)』 

 

今回はこの2曲!

ぜひこの2曲で暑さを楽しんでください~!

兎に角、暑い…。

0 コメント

~ゆる~く語り湯~   第72弾 by コングラッチ町田

暑い…。というか日差しが強すぎる。たまに焼けるように強く感じる…。

皆様、そんな中いかがお過ごしですか?私は、バテ気味…。そんな中、冷たくシュワシュワしたお酒がすすむ…。

そんなことで、今回は二日酔いについて書いてみようかと思います。二日酔いって面白いもので飲みすぎたからといって、翌日残るわけでもない。

しかし、飲みすぎてはいないのに、翌日残る場合もある…。いったいこれは何なのだろうか?と思います。

様々な種類を飲んでいないから?飲む前に、何かをおなかに入れているから?

体調?体調といっても先日はかなり飲んだのですが、飲む前はすごく肩こりがひどく疲れ気味だったのですが、翌日は比較的体が軽い!

これは、飲んだことで深い睡眠をとれたからなのか?と色々とお酒の飲み方や飲んだ後を、分析しております。

以前は飲みすぎても、多少強いお酒でも、そんなに体に影響があることも少なかったのですが、年と共にやはり弱くはなっているので、工夫しながら飲んでいきたいものですね。

お酒は20歳になってから!

 

 さて今回も2曲。1曲目は以前にも紹介したMoonchildから「Gone」。

すごく正統派なのですが、やはり聴いていて心地よい。確実に、ネオソウル陣営に影響を受けていますね。

7月末に初来日するらしいですよ。行こうか?行くまいか?思案中です。

皆様、もしご興味あれば!

Moonchild 「Gone」

 

次の曲は、またまたピチカートファイブ。

ちょっと最近聴きなおしております。

やはりこの人たちの文化への影響は凄まじいなと思いました。

曲、VTR、ファッションすべてが新しかった。そんな中、このサンプリングミックスはすごい!そして映像も…。感服…。

 

Pizzicato Five Lesson3003 (Part1)

今回はこの2曲!皆様、この暑さ乗り切りましょう…。

0 コメント


第5弾 (30may2010)

 

梅雨の季節ですね~。天気も気温も変化が激しいので、休みの日は引きこもる方も多いのではないでしょうか?私は映画三昧の日々から、音楽三昧に逆戻り!友人の結婚式の二次会でDJ(全然下手くそなんですけどね)をやったのですが、「やっぱり音楽は最高~!」とその日の晩から、映画のえの字も頭に浮かばずになってしまいました。何とも単純な脳なもので・・・。大きな音でDJするのは、凄く気持ちのいいものでした。(悲しき事に、誰も踊っていませんでしたが・・・。)そんな単純な脳が、今回もゆる~く語ります。

 

 

一つ目はラジオの話を!土曜の朝4時から始まるJ-WAVEJAZZDJジャイルス・ピーターソンがナビゲートする「WORLDWIDE」のオープニングにはまっています。二時間ぶっ通しで、ジャイルス好みの様々な音楽が流れるのですが、このオープニングが何とも最高でして!エレピ・フルート・ドラム・ホーン・ストリングス、そしてジャイルスの語り、仕舞には女性の声で「J-WAVE」とシャウト!という流れなのですが、このスピード感に土曜の朝はテンションが上がり、「J-WAVE!」、「WORLDWIDE!」とシャウトばかりしております。ここまでくれば、単純ではなくただのアホですかね?最近は、そんな土曜の朝を過ごしています。本家「WORLDWIDEBBCバージョンはWebから聴けるので、是非!(http://www.bbc.co.uk/programmes/b006wq8d

 

 

二つ目は梅雨なので、SWV(女性三人組み)の「RAIN」という曲です!この時季になると聴きたくなるんですよね~。凄くスローな曲なうえに、リズムを刻む音が雨音のように聴こえるので、雨の夜に部屋の照明を薄暗くして外でも眺めながら聴くと、気持ちが和みます。皆さんも憂鬱な梅雨の時季に和む曲ってありますか?そんな曲があるっていいですよね~!是非この曲もそんなライブラリーに入れてみてください。

 

 

 前回予告した通り、また音楽三昧に戻ってしまいました!次回までに、また弾む曲を追い求めていきたいかと思います!皆さんもそんな曲と出会える事を祈って!では今回はこの辺で!

「WORLDWIDE」BBCバージョン
「WORLDWIDE」BBCバージョン

第四弾 (29 apr 2010)

 

皆さんいかがお過ごしですか?桜の花も散り、暖かくなってきましてね。野外で過ごす時間も多くなっているのではないですか?私は皆さんとは対照的に、室内で過ごす時間が多く、音楽三昧!と言いたいところですが、ゴダールやウディアレンと映画に浮気をしていた日々でした。久々映画にはまっているのですが、やはり映画はいいですね?

今回は、そんな映画からのお気に入り音源をご紹介します!

私は昔から「ゴーストバスターズ」が好きで、小さい頃の夢は「ゴーストバスターズ」のビルマーレイになる事でした。役名は「ピーター・ベンクマン博士」なんですが、あのいい加減さ!いつも人の一枚上手をいく饒舌!何ともコミカルでカッコイイ!そして、相手役のシガニ―ウィーバーのファッションも凄く素敵で、ロゴやマシュマロマンとキャラクター設定もかなり素敵です!後、これは余談ですが、出演しているダン・エイクロイドは、名曲「We are the world」(マイケルジャクソンやスティビーワンダー等が歌っている)に参加しています。

「ゴーストバスターズ」 と言えば、名曲RayParker Jrの「Ghostbusters」ですが、これ以外にも掘り出し物が沢山あります。一曲目は、捕まったゴーストバスターズが再度、危機のニューヨークの街に登場する時に流れる、アレッシーブラザーズの「Savin' The Day」という曲です。この曲が、このシーンとよく合っています。市民がゴーストバスターズに期待を込めて、「ゴーストバスターズ!ゴーストバスターズ!」とシャウトするのですが、セリフとリズムがぴったり合っていて、劇中でサンプリング完成!みたいな感じです。

二曲目は第二弾のエンディングで流れる、Bobby Brownの「On Our Own」これも凄くクールで、BobbyBrownならではのリズムため、思わず「ランニングマン」(ボビー得意のステップ)したくなる曲です!これ以外にも「ゴーストバスターズ」はRUN DMCなどビッグネイムが目白押しなので、是非見てみてください。そして、気に入ったらサントラも是非!

今回はこの辺で!気温の変化も激しいので、風邪ひかずに!次回までには、映画三昧→音楽三昧に戻っているかと思います。


22 mar 2010

第三弾
 
春日和になり、暖かくなってきましたね。皆さん、花見など外出される頻度も多くなってくるのではないですか?先日、北海道出張から帰って来たのですが、北海道は寒い、寒い!!!今回、小樽にも行って来たのですが、小樽はいい!まだまだ昭和の香りが駅前周辺に残っていて、タイムスリップした気分になりました。昭和生まれとしては、昭和っていいね!と思ってしまいます。一度ゆっくり、プライベートで旅行してみたい町の一つです。
 さて今回の曲は初の邦楽!出張での機内で、某航空会社のチャンネルに『クレイジーケンバンド』の特集があり、その中から『男の滑走路』という一曲です。機内でこの曲を聴いていたら、目の前に座っているサラリーマンがいきなり立ち上がり踊り始め、次には別のサラリーマンが~!そして、全てのサラリーマンが揃った動きで、私の頭の中で踊り始めました。最後には、その頭の映像の中で、『男の滑走路』とテロップが出て、ナレーションで「出張は某航空会社で!」というCMが出来てしまい(イメージを以下に表記)、笑いが止まらず、一人で笑っていた機内でした(良くこんな妄想で、勝手にCM作っています)。

 

 

 

(背景はサラリーマンダンス)

 

『男の滑走路』

(テロップ)

                                      (ナレーション「出張は某航空会社で!」)

 

 

『クレイジーケンバンド』は凄くカッコよく、しかしどこかおっちょこちょいな男たちと勝手なイメージを抱いており、そんな二面性とコミカルさが素敵だな~!と憧れちゃいます。最近、2枚のベスト盤が出ていますので是非ともコミカルな男たちを感じてみてください!
今回はこの一曲になりましたが、かなり素敵な曲ですので~!ではまた次回がある事を祈って~!失礼します!


16 feb 2010

第二弾

 店主からの要請があり、このページ続行です!あんな語りで続行とは、店主は本当にゆるい、ゆるすぎる!こんな店主が経営する『smoke books』これからもゆる面白い事をどんどん提案して行く、ブックショップになると思うのでよろしくお願いします!

 

 前回の2曲は聴いて頂けましたか?キーワードの『バブリー!』を楽しんで頂けたのなら幸いです!

 

さて今回は1名紹介!今、話題のホセ・ジェムス(以下ホセ)というニュージャズ系のボーカリストです。ホセはミネアポリス出身、世界的なDJジャイルス・ピーターソンの『Brown Woods Recordings』よりデビュー。デビューアルバムで有名な曲が、アルバムタイトルにもなっている『the dreamer』という曲です。これを初めて聴いた時、本当に震えました!この曲は霧深い夜へと誘ってくれます。簡単に言うと、孤独で男っぽいイメージですかね!本当に素晴らしい曲です。もう1曲は、同じくホセの2月発売の新譜『Black Magic』より『Love Conversation』という曲です。こちらは前曲とは対照的で、透き通ったクリアーな夜へ誘ってくれます。スローで、女性ヴォーカルとのセッションが、体を“ゆらり”とさせてくれます(柔軟体操に良いかも?冗談です!)。目を閉じ聴いて、身を委ねて漂ってみてください。何とも気持ちの落ち着く曲です。

 

私の中では、『ソニックユース』のキム・ゴードンがガーリーの象徴であれば、ホセはハードボイルドの象徴かな?と勝手なイメージを抱いています。先日、そのホセのライブに行って来たのですが、自然と体がスローにゆれるライブでした。ホセのキーワードは“ゆらり”ですかね~!是非ともホセを聴いて“ゆらり”とした時間をお過ごし下さい。その時は多少、お部屋の照明は暗めに!その方がより気持ちが落ち着きます!そして、よこノリで、1234とリズムに合わせる事を忘れずに!

 

最後に余談ですが、故障していた私の愛しのDJブースがやっと修理から本日お帰りになります。また音楽から離れられない日々が続きそうです。音楽最高~!ではまた次回があれば・・・。


第一弾
 昨今、リアルタイムにつぶやく事が流行っておりますが、この企画はSmoke Booksの店主の口癖である「ゆる~く」をモットーに、私が最近聴いている音楽をゆる~く語ります。
題して、「ゆる~く語り湯」とさせて頂きます。皆様、風呂入った気分でご覧ください。
 
冬になると、私は毎年80年代後半ブラックミュージックを聴きたくなる衝動にからちゃいます。そういう衝動って皆さんありませんか?そんな衝動から今回2曲紹介したいと思います。

1曲目はBroomfieldの「You better get ready」!最近Broomfieldを知ったのですが、レコードでかなりのレア盤だったものがCD化された模様です。
BroomfieldファミリーのユニットLA VOYAGEの中心人物であったAl Broomfieldが一人で出したアルバムBroomfieldの1曲です。この曲は軽い、とにかく軽い!肩パットの張ったウールコートを来た男性とソバージュ髪の女性が、NYの街並みを横ノリで笑いながら歩いている姿が目に浮かび、聴いて30秒ぐらいで「これぞバブリー!」てな気分になっちゃいます。

次は冬の定番!DeBAGE(姉弟5人のグループ)の「Who's Holding Donna Now? 」これは曲自体も好きなのですが、曲が入っているアルバム「THE BEST OF DeBAGE」のジャケの裏面も最高!DeBAGEのメンバーが受話器を持っているヴィジュアルなのですが、オシャレ?もしくはトレンディ?という言葉が浮かんできちゃいます。
アルバムには名曲「I like it」も入っているのですが、このヴィジュアルに1番似合うのはこの曲だ!と断言したいぐらいです。なぜかこのヴィジュアルを観ながら、この曲を聴いていると子供の頃に抱いていた大人な恋愛を思い出します。

是非ともこの2曲を聴いてバブリーな大人な恋愛を感じちゃって下さい。(土曜の夜辺りが、1番浸りやすいかも?)

風呂もそろそろぬる~くなって来たかと思うので、語りはこの辺にしときます!今後、こんな自己満足なページが続くかは店主次第!次回を楽しみにして頂けるのであれば、少し香りづけに温泉の素でも用意していてもらえばと思います。