連載コラム


夏だ!夏休みだ!!虫だ!!! 今日のホニャララ by HICKEY 第3回

夏休みが始まりました。

「休み」とはいえ休みなのは子どもたちだけで、親にとっては憂鬱でしかない。

毎日何をして遊ばせよう。ご飯はどうするか。片付けても片付けても一瞬で散らかる家の中…

お父さん・お母さんお疲れ様です。大変ですが、程よく手抜きしながら乗り切りましょう。

 

突然ですが、「虫」は好きですか?

私は大の苦手です。虫が増える夏は恐怖でしかありません。

そのくせガーデニングは好きなもんだから、虫が出る度に奇声をあげて夫や隣家のおじいちゃんを助けを求め、家族は毎夏呆れ顔だ。

 

そんな母親の元で育っているのに、娘は虫が好き。

「お母さん。花と葉っぱがあるなら虫がくるのは当たり前なんだよ。」

と、一丁前に説教してきます。

幼稚園で数人の男の子が活動している「虫研究所」なるものにも時々混ぜてもらっているらしい。

散歩に行って両手一杯にダンゴムシを捕まえて嬉々として持ち帰ったり、カゴと網を持って外出したがる娘を見ると、虫捕りに付いて行かねばならない&家に虫を持ち込まれる事に恐怖を感じると同時に、好奇心に満ちたキラキラした目をとても愛おしく思う。

出来る範囲で一緒に楽しみたいと思って一緒に虫の本を開くと、ページをめくる度に出てくる虫の写真にゾワゾワ。

外で出会った虫の名前が知りたいと頼まれて画像検索なんてした日には、恐怖画像の羅列に「ヒーーーー!!」と大慌てで画面を閉じてしまう。

虫が苦手なお父さん・お母さん。そんな経験ありませんか?

虫が苦手でも子どもと一緒に楽しめる本はないか?と試行錯誤してきた中で見つけた本を今回はご紹介します。

 

続きを読む

3時間目 いつか読書する 「疑惑」近松秋江 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む