イベントのお知らせ 

清澄白河店

花水木展 アーツアンドクラフツ【ひがしちか・久芳真純・ミヤウチハルカ・Chiaki Fujii・津田恭子・川口佳子】

 2019年11月末~2020年2月16日(日)まで

みのり台店

アームウォーマーを作ろう!の会 本屋さんde手芸 2019年12月12日(木)18:00~20:00 ※予約受付終了しました。 

 

出店のお知らせ

 

the Farm Winter Fes.2019  2019年12月15日(日)10:00~16:00the Farm UNIVERSAL chiba 千葉市稲毛区

 

<みのり台店> 通常営業

<清澄白河店> 通常営業 

コヨセジュンジさん×smokebooks ブックカバー

 

 配送方法について

 本の買取りについて

web shop 新設のご案内

今後、新入荷品から2つのサイトでご案内を始めます。

絵本・暮しの本<smokebooks.net> 

美術・デザインの本<smokebooks.shop>

 

※現在website改装中の為、ご不便をおかけしますが

何卒よろしくお願いいたします。

連載コラム


4時間目 口ぐせと言い訳 「戦災者の悲しみ」正宗白鳥 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

月と糸 カレンダー 藤井千晶 原画作品展 はじまりました!

ある町で、ひっそりと営む洋服お直し屋「月と糸」。

店主はそこで、街の人たち、家族、そして自分自身の洋服に糸を通し続けてきた。

時には月の灯りを頼りに・・・。

 

物語に添えられた美しい青い絵。

イラストを担当したのは

テキスタイルアーティスト 藤井千晶さん。

日本、フランス、ドイツとルーツを持ち、

誰かの心にそっと寄り添えるような物語やメッセージを

テキスタイルに込めて制作している作家さんです。

 

そんな「月と糸」の物語の世界観を感じられる

大きな作品が店内にうかびました。

 

 

作品は cotton 70% linen 30%の生地に アクリル絵の具で描かれています。

ふだんは染料で染める作品を作っているそうですが 

今回は 原画が紙にアクリルだったことを受けて

布にアクリル絵の具で描く手法を取っているそうです。

天上からさげる際にも テグスではなく ”糸”を使用しています。

 

 

ちょう、くも、うま、とり と4種類ありますが どの作品にも

物語の中での役割があり 「月と糸」の物語を読んでいただいてからの見え方はまた変わるかもしれません。

時間ごとに変わる表情もすてきです。

また 正面から見たり 裏側から陽射しに向かって見てみたり ゆっくりとお楽しみください。

 

原画は紙にアクリル絵の具で描かれた 12か月分 12枚を 展示しています。

藤井さんのキャプションは ドイツと福岡で文房具店をされていた

「月と糸」ストーリー担当の只松さんが 持っていた万年筆で書いています。

 

 

また 11月9日(土)には

閉店後、夜の本屋で 

「月と糸」朗読会も開催いたします。

物語「月と糸」の朗読を 音楽に乗せてお聞きください。

 

朗読会前の18時からは

story、designの只松靖浩と illustrationの藤井千晶さんによる お二人のドイツでの出会いや制作にまつわることなど

お話会として 対談もあります。

こちらは 予約不要・ご参加無料となりますので お気軽にお越しください。

 

 

松戸のsmokebooksみのり台店での 展示後は

HACHIJU-ICHI(福岡)、栞日(長野)へ巡回します。

作品、原画は 販売致します。(お渡しは巡回展示終了後となります。)

ご興味のある方はスタッフにお声がけください。

 

展示は 11月10日(日)まで

ご来店お待ちしています。

 

 

続きを読む