展示

「優しくあることを許して」Masumi Kuba 久芳真純 個展 

2019年5月10日(金)~5月24日(金)会場:gallery 112(あかぎハイツ)

 

 

イベント出店

〇 ヒルサイドマーケット古書・骨董の市 2019年6月2日(日)11:00-17:00 代官山ヒルサイドテラス

〇 滝の湯フェス!vol.5 JR下総中山徒歩6分 ラジウム鉱泉滝の湯にて 2019年6月10日(月)10:30‐15:00 

 

<みのり台店> 通常営業

<清澄白河店> 通常営業

 

コヨセジュンジさん×smokebooks ブックカバー

 

 配送方法について

 本の買取りについて

連載コラム


1時間目 暴力的なほど透明に 久芳真純「優しくあることを許して」展 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 

大学の校舎のエントランスで、私は二度、その現場に立ち会ったことがある。

 

「ガシャン」という大きな音。見ると学生がガラス戸の眼前で突っ立っている。彼は私の知人だ。足元にはガラスの破片が散らばっている。つまり、いま彼はガラス戸を破壊したのだ。授業の狭間のせわしい時間ゆえ、案外注目を集めない彼の、しかしその目は泳いでいる。つと歩み出た中年の常駐警備員。あいつ逃げる気配もないらしいが、おかしいことにすでに腕を掴まれている。

 

 わざとではなく、不覚にもガラス戸を蹴り破ったということだった。少し切ったらしく、罪のない彼のおでこには絆創膏が貼られていた。

 

 ガラス戸は、戸にガラスをはめた、そのデザインの主な目的として、内部と外部とを隔てる、その仕切りの透明化ということがあろうか。外光を取り入れつつ、戸の第一の役目をも獲得する。研究に励む内の人々の閉塞感を低減するには、ガラス部分の透明度が高いことが肝要。清掃員はきっと、我々学生たちのことを思って丹念にガラスを拭いてくれたのだろう。その懇ろな思いが、ついに空気と同化するほど透明なガラス戸を現出せしめ、知人の半身を喰った、というわけか。拭き上げた職人技を、お見事、と言っても、その、あるはずのガラスが、見えぬ。

 

 この現象を私は二度見た。

 

 10年以上前の、のんびりした話のようだが、このとき彼が味わったであろう狼狽はいかばかりか、推し量ってはふいと身震いしたものだった。

 

 しばらくぶりに、その身震いと同種のおののきを感じたのが、このたび観た、久芳真純の作品だった。

 

 タイトルにある人の「優し」さとは、磨きまくったガラス同様、目に見えないものである。そして、「優しくある」はずの人の仕草は、行為者の思惑を超えて、ときに他者をがぶり喰う、のかもしれない。いつのまにか当たり前になしている私の日常生活の仕草は、中空に額縁を当てはめる虚構(演劇的手法)によって、解体され再構築されることで、上滑りし続ける誰かの不器用なポーズとして、示し出されている。

 

5月24日まで gallery 112(あかぎハイツ)

 

午後3時のカトウ塾 加藤亮太 連載はこちら

 

 

「優しくあることを許して」 久芳真純 Masumi Kuba

会場 gallery 112(あかぎハイツ)松戸市稔台1-21-1あかぎハイツ112

会期 2019年5月10日(金)~5月24日(金)

平日 12:00-18:00/土日:12:00-17:00

定休 月

企画 smokebooks

お問い合わせ 047-705-0816

info@smokebooks.net

 

 

作家プロフィール

久芳 真純 1990年生まれ。美術家。

「再配置」を提唱し、人の立ち位置をテーマとしたインスタレーションを発表。

近年の展覧会に「Repositioning」松戸buildingC、「A hundred threads」虎ノ門ヒルズ。

https://masumikuba.weebly.com/

 

 

ごあいさつ

 この度 smokebooksみのり台店がある 松戸で アトリエを持ち活動を続けている 美術家 久芳真純さんの個展を

gallery112にて開催することとなりました。

今回は 作家による いくつもの「優しさ」を空間の中の 小さな作品たち、大型の作品、

オーディオを使っての実験的作品を通じて 表現する展示となります。

隠し、押し込み、嘘、本物、ズレたり、不思議で形のない「優しさ」。

これまでの展示でも感じられる 生々しく 初々しく、瑞々しい インスタレーションが gallery112 に 生みだされます。

あかぎハイツという 商店街と住宅との間に位置し、日常と地続きな箱、どんな非日常が現れるのか。

誰もが身に覚えのある「優しさ」について考える機会と出会い 私たちは 「優しさ」を

「優しく」包み込むことができるでしょうか。

今回 メイン会場となるgallery112 と平行し サテライト会場として

smokebooks清澄白河店のショーウィンドウでも 作品を展示いたします。

清澄白河の街は 今年3月に 東京都現代美術館がリニューアルオープンし、アートの街、

コーヒーの街として 散策も楽しいエリアとなっています。

是非この機会に 両会場での展示をご覧頂けましたら幸いです。

 

smokebooks 

 

サテライト会場:smokebooks 清澄白河店

江東区三好3-9-6

Open 水曜~日曜 12:00-18:00

 

https://www.smokebooks.net/

 

 

続きを読む