Sblog

連載コラム


今日のホニャララ  by HICKEY

HICKEY 園児と猫の母で主婦

 

浅く広い好奇心から見つけた、

ジャンル問わずの「モノ」「コト」を自分なりの解釈で紹介していきます。

ココから誰かの未来のお気に入りが見つかりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロフィール>

猫・植物・本・音楽を愛する1児の母。

オモチャとゲームは買わないけれど、本は漫画以外なら何冊でも購入OKという教育方針の中で育ち、本の世界から知った何事にも興味を広げるように。

ただし飽きっぽいので、浅く広く緩くゆるーく。

幼少期からの落ち着く匂いは図書館・図書室と墨の匂いで、新しいモノより古いモノを好む。

建築を学んで職業とした後、紆余曲折経て現在は他業界で働く主婦。

人付き合いは深く狭くを好み、人見知りのあがり症。

故に挙動不審で要らぬことを話しがちだけれど、文章だったらちょっと饒舌。

 

今日のホニャララ  by HICKEY 連載ページへ

 

 


午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 

感想大好き塾長・カトウが、書物、美術、音楽、演劇、映画にまつわる感想を書きます。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈プロフィール〉

 加藤亮太 1984年東京都葛飾区生まれ。中学生のための学習塾「カトウ塾」塾長。

2007年 バンド「august」結成。2008年 映画製作「new clear august」「ガリバー」「自棄っ鉢にどでか頭をぶッつける」等。

初小説「ことぶきの日」(同人誌『新地下』創刊号)。日本映画学校入学。2011年 小説「催促の電話」「冷製玉手箱」。

某大手塾にて塾講師。2012年 小説「わが遁走」「ダイヤモンドダスト」。

塾設立を企図。2013年 小説「狂犬病予防接種」「表層」「観賞」。バンド「オガアガン」結成。2014年 小説「かかし」。

某メーカー勤務。2017年 小説「弟の車」。2018年 小説「オメデトウ」。

2019年 独立、開業。

(※ すべての映画・小説は新人賞を落選し、すべてのバンドは解散した。)

 

 カトウ塾は、公立中学生のためのシンプル学習塾です。

 都立高校受験対策に特化し、成績アップ・志望校のランクアップを目指します。

 葛飾区東水元にて夫婦で運営しております。

 

カトウ塾 https://www.katojuku.com

 

午後3時のカトウ塾 加藤亮太 連載ページへ

 


~ゆる~く語り湯~ コングラッチ町田

 

昨今、リアルタイムにつぶやく事が流行っておりますが、この企画はSmoke Booksの店主の口癖である「ゆる~く」をモットーに、私が最近聴いている音楽をゆる~く語ります。
題して、「ゆる~く語り湯」とさせて頂きます。皆様、風呂入った気分でご覧ください。

プロフィール 名前 町田 康司

         職業 出版社勤務

バックナンバーはこちらへ

 


picture book is.... by きたざわともこ

picture book is....  by きたざわともこ

 

smokebooks店主の sekkie!が えほんとこそだての まわりにある”あれこれ”を書いていきます。 

 

 

バックナンバーはこちら


みる・きく・よむ smokebooks

smokebooks のお知らせなど

 

バックナンバーはこちらへ


新着


20時間目「ブロッコリー・レボリューション」岡田利規 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

私はわが子を騙しているのではないか。

 

授かった生命を騙している。

 

息子と娘を騙している。

 

 

彼らは、順応している。

 

順応するわが子。

 

 

何に?

続きを読む

19時間目 「姫鏡台」上林暁 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 塾を閉め、自宅アパートに帰宅するのは、11時頃。

 こんな時間では、3歳息子は寝ている。0歳娘も寝ているだろう。

 だから、音を立てないよう、扉を開け、そうっと闖入する。

 

 

 イヤホンで音楽を聴きながら歩いて来ることが多い。たとえば、ドアーズ。

 いや、ドアーズほど他の音楽と混ざらない音楽はないのではないでしょうか。

続きを読む

18時間目 「プールサイド小景」庄野潤三 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 原因、あるいは、理由。そして、結果、という言葉がある。

 結果となる事象の前に、原因となる事象があり、それらが密接に関係すると、因果関係という。原因があるから、然るべき結果がある……

 逆にすると、どんな結果にも、背後には原因がある、……そういうこと?

 

 ややこしい。もう流そう。考えるのは、止す。

 

 ところで、箸の持ち方が変な大人がいる。

 小学生時分の私は、見てしまった。テレビでは芸能人の結婚式の生放送をやっていて、会食する場面があった。そこでの桑野信義氏、通称、桑マンの、あれには驚いた。見てはいけないものを見た。それほどの衝撃を覚えたものだった。いい歳こいた大人が、あんなのでは、どうだろうか。子供の頃、直さなかったのだろう。ならば、仕方ないのかもしれないが。

 

続きを読む

ちいさな「ぐるぐるちゃん」展 長江青

続きを読む

17時間目 人為の塔「五重塔」幸田露伴 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 今まで体験したすべての幸福感を凌駕するほどの幸せを得られる瞬間など、この先、得ることは無い、と気づいた。よくよく考えてみたが、無い。期待は止すべきだ。

 

 あ、私は老いてきた。ろれつが回らない。車の運転が危なかしい。頭が動かない。塾の授業はできても、家のスプーンがさて、どこにしまってあったか……。何度聞いても、忘れる。忘れが、止まらない。何も覚えられない。「これ、例の奴だね」と笑いかけてくる妻に、悪い。「え、どの例……」

 

続きを読む

16時間目 無限誕生「貝に続く場所にて」石沢麻依 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

子供が寝ている隙を狙って、妻と映画を観た。

「これは傑作だ」と、ふたりして涙ぐんで、

立ち上がって、トイレへ行ったり、コーヒーをいれたり。

それぞれ思い思いの形で、余韻に浸ったりして。

そうして、再集合したりして。

しみじみとした風情で、感想などをすり合わせる。

 

……果たして、これがどうもすり合わない。妻の話でようやく事の真相を知る。

つまり、私がまったく間違って観ていたらしい、ということが、あったりする。

作中何が起きたのか理解しないまま、観終えてしまった。

しかもまたおそるべきことには、私は、いたく感動しているのだ。

 

たとえば、現在と過去とを頻繁に往来する設定として描かれていたところ、

私はずっと、現在ばっかりを観ているつもりでいた。

たしかに実際、チンプンカンプンだった。だのに、「こ、こりは、けっさくだべえ」と抜かし、

しかも、心底感動して涙を流し、清々しそうにしている。

 

妻には、「まったく、世話がないね」とあきれられる。

私は感動したあとだから、心がきらきらしているので、終わり良ければすべて良し、

などと言って、屁をこいて、救われている。

続きを読む

15時間目 天気予報アプリ 「こおろぎ」尾崎一雄 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

悪い予感が的中する、という言いまわしをするが、

悪い予感にとらわれている間は、

「私は憂鬱で不幸」という時だったかもしれない。が、

その予感が的中した瞬間、ある種の興奮を覚えたかもしれない。

その興奮は、私に幸福をも、もたらしたかもしれない。

 

 私はまだ祖父の死から逃れられていない。

それどころか、日に日に、祖父の死の色は濃くなるばかりである。

ポタミアポタミアしている。(メソメソの誤り)

 

続きを読む

14時間目 祖父の死 「禽獣」川端康成 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

13時間目 旅の恥、旅の時間 「伊豆の踊り子」川端康成 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

12時間目 緊急事態での平穏を思う 「黒と白の猫」小沼丹 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 コロナウイルスを呪う今日この頃、皆さま、お元気ですか。私は、陰鬱です。

 桜の花は早々に散りました。これはいかにも桜らしい身の振り方、と思いました。旧時代的言い様ですが、文字通り、「花と散った」かのようです。潔く。

 

 

去年の緊急事態宣言下、「コロナで密を作らないように」と、来客が見込まれる全国各地の観光農園、フラワーパーク等々で、チューリップが、切断、廃棄された、あの痛々しい光景がありましたが、今年はぎりぎり、緊急事態宣言と緊急事態宣言のはざまで、花弁を切られずに済んだ、ということでしょうか。あるいは、切られたものもあったのだろうか。

続きを読む