Sblog

連載コラム


今日のホニャララ  by HICKEY

HICKEY 園児と猫の母で主婦

 

浅く広い好奇心から見つけた、

ジャンル問わずの「モノ」「コト」を自分なりの解釈で紹介していきます。

ココから誰かの未来のお気に入りが見つかりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロフィール>

猫・植物・本・音楽を愛する1児の母。

オモチャとゲームは買わないけれど、本は漫画以外なら何冊でも購入OKという教育方針の中で育ち、本の世界から知った何事にも興味を広げるように。

ただし飽きっぽいので、浅く広く緩くゆるーく。

幼少期からの落ち着く匂いは図書館・図書室と墨の匂いで、新しいモノより古いモノを好む。

建築を学んで職業とした後、紆余曲折経て現在は他業界で働く主婦。

人付き合いは深く狭くを好み、人見知りのあがり症。

故に挙動不審で要らぬことを話しがちだけれど、文章だったらちょっと饒舌。

 

今日のホニャララ  by HICKEY 連載ページへ

 

 


午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 

感想大好き塾長・カトウが、書物、美術、音楽、演劇、映画にまつわる感想を書きます。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈プロフィール〉

 加藤亮太 1984年東京都葛飾区生まれ。中学生のための学習塾「カトウ塾」塾長。

2007年 バンド「august」結成。2008年 映画製作「new clear august」「ガリバー」「自棄っ鉢にどでか頭をぶッつける」等。

初小説「ことぶきの日」(同人誌『新地下』創刊号)。日本映画学校入学。2011年 小説「催促の電話」「冷製玉手箱」。

某大手塾にて塾講師。2012年 小説「わが遁走」「ダイヤモンドダスト」。

塾設立を企図。2013年 小説「狂犬病予防接種」「表層」「観賞」。バンド「オガアガン」結成。2014年 小説「かかし」。

某メーカー勤務。2017年 小説「弟の車」。2018年 小説「オメデトウ」。

2019年 独立、開業。

(※ すべての映画・小説は新人賞を落選し、すべてのバンドは解散した。)

 

 カトウ塾は、公立中学生のためのシンプル学習塾です。

 都立高校受験対策に特化し、成績アップ・志望校のランクアップを目指します。

 葛飾区東水元にて夫婦で運営しております。

 

カトウ塾 https://www.katojuku.com

 

午後3時のカトウ塾 加藤亮太 連載ページへ

 


~ゆる~く語り湯~ コングラッチ町田

 

昨今、リアルタイムにつぶやく事が流行っておりますが、この企画はSmoke Booksの店主の口癖である「ゆる~く」をモットーに、私が最近聴いている音楽をゆる~く語ります。
題して、「ゆる~く語り湯」とさせて頂きます。皆様、風呂入った気分でご覧ください。

プロフィール 名前 町田 康司

         職業 出版社勤務

バックナンバーはこちらへ

 


picture book is.... by きたざわともこ

picture book is....  by きたざわともこ

 

smokebooks店主の sekkie!が えほんとこそだての まわりにある”あれこれ”を書いていきます。 

 

 

バックナンバーはこちら


みる・きく・よむ smokebooks

smokebooks のお知らせなど

 

バックナンバーはこちらへ


新着


月と糸 カレンダー 藤井千晶 原画作品展 はじまりました!

ある町で、ひっそりと営む洋服お直し屋「月と糸」。

店主はそこで、街の人たち、家族、そして自分自身の洋服に糸を通し続けてきた。

時には月の灯りを頼りに・・・。

 

物語に添えられた美しい青い絵。

イラストを担当したのは

テキスタイルアーティスト 藤井千晶さん。

日本、フランス、ドイツとルーツを持ち、

誰かの心にそっと寄り添えるような物語やメッセージを

テキスタイルに込めて制作している作家さんです。

 

そんな「月と糸」の物語の世界観を感じられる

大きな作品が店内にうかびました。

 

 

作品は cotton 70% linen 30%の生地に アクリル絵の具で描かれています。

ふだんは染料で染める作品を作っているそうですが 

今回は 原画が紙にアクリルだったことを受けて

布にアクリル絵の具で描く手法を取っているそうです。

天上からさげる際にも テグスではなく ”糸”を使用しています。

 

 

ちょう、くも、うま、とり と4種類ありますが どの作品にも

物語の中での役割があり 「月と糸」の物語を読んでいただいてからの見え方はまた変わるかもしれません。

時間ごとに変わる表情もすてきです。

また 正面から見たり 裏側から陽射しに向かって見てみたり ゆっくりとお楽しみください。

 

原画は紙にアクリル絵の具で描かれた 12か月分 12枚を 展示しています。

藤井さんのキャプションは ドイツと福岡で文房具店をされていた

「月と糸」ストーリー担当の只松さんが 持っていた万年筆で書いています。

 

 

また 11月9日(土)には

閉店後、夜の本屋で 

「月と糸」朗読会も開催いたします。

物語「月と糸」の朗読を 音楽に乗せてお聞きください。

 

朗読会前の18時からは

story、designの只松靖浩と illustrationの藤井千晶さんによる お二人のドイツでの出会いや制作にまつわることなど

お話会として 対談もあります。

こちらは 予約不要・ご参加無料となりますので お気軽にお越しください。

 

 

松戸のsmokebooksみのり台店での 展示後は

HACHIJU-ICHI(福岡)、栞日(長野)へ巡回します。

作品、原画は 販売致します。(お渡しは巡回展示終了後となります。)

ご興味のある方はスタッフにお声がけください。

 

展示は 11月10日(日)まで

ご来店お待ちしています。

 

 

続きを読む

みるきくあそぶえほんの会 2019年秋の号 HOLLOWEEN PARTY! 2019

えほんの会、ご参加ありがとうございました!

今年は お天気に恵まれて あたたかく 昨年同様楽しい会となりました。

 

 

みんなで 一生懸命 ジャックオランタン作ったね。

ネコの顔やカッパみたいなユーモラスなお顔

ちゃんと怖いぞー!っていう 顔や やさしそうな顔のジャックたち。ろうそくを灯すと どのジャックも すてきなランタンになっていました。

 

絵本も ハロウィンにちなんだもの、

英語の絵本を聞くのも楽しかった。

読んでくれたのは なんと タータラッター・ターララー ♪のインディ・ジョーンズじゃなかった?

 

みんなで やっつけた(Go Away!)

ビッグ・グリーン・モンスター

絵本読みでやっつけたと思ったら

そういえば ピニャータも ビッグ・グリーン・モンスターじゃない!

みんなで あかいバットを振り回して Go Away! とかけ声かけて ピニャータをたたいたけど なかなか

こわれなかったね。

最後は 大人が一発!

中からは 目の玉のスーパーボールや お菓子が落ちてきて びっくり。

 

たのしい仮装で集まってくれた子どもたち、お母さん方もちょっとした仮装で雰囲気を盛り上げてくれました。

ピッピ、アイアンマン、ジャンヌダルク、おむすびまんや たまごにぎり!

ウォーリーもいましたね。ありがとうございました!

 

たのしく 元気にあそんだ 皆様に拍手!!!

ご協力くださいましてありがとうございました。

また 遊びましょうね。

 

smokebooks

ともこより

夏だ!夏休みだ!!虫だ!!! 今日のホニャララ by HICKEY 第3回

夏休みが始まりました。

「休み」とはいえ休みなのは子どもたちだけで、親にとっては憂鬱でしかない。

毎日何をして遊ばせよう。ご飯はどうするか。片付けても片付けても一瞬で散らかる家の中…

お父さん・お母さんお疲れ様です。大変ですが、程よく手抜きしながら乗り切りましょう。

 

突然ですが、「虫」は好きですか?

私は大の苦手です。虫が増える夏は恐怖でしかありません。

そのくせガーデニングは好きなもんだから、虫が出る度に奇声をあげて夫や隣家のおじいちゃんを助けを求め、家族は毎夏呆れ顔だ。

 

そんな母親の元で育っているのに、娘は虫が好き。

「お母さん。花と葉っぱがあるなら虫がくるのは当たり前なんだよ。」

と、一丁前に説教してきます。

幼稚園で数人の男の子が活動している「虫研究所」なるものにも時々混ぜてもらっているらしい。

散歩に行って両手一杯にダンゴムシを捕まえて嬉々として持ち帰ったり、カゴと網を持って外出したがる娘を見ると、虫捕りに付いて行かねばならない&家に虫を持ち込まれる事に恐怖を感じると同時に、好奇心に満ちたキラキラした目をとても愛おしく思う。

出来る範囲で一緒に楽しみたいと思って一緒に虫の本を開くと、ページをめくる度に出てくる虫の写真にゾワゾワ。

外で出会った虫の名前が知りたいと頼まれて画像検索なんてした日には、恐怖画像の羅列に「ヒーーーー!!」と大慌てで画面を閉じてしまう。

虫が苦手なお父さん・お母さん。そんな経験ありませんか?

虫が苦手でも子どもと一緒に楽しめる本はないか?と試行錯誤してきた中で見つけた本を今回はご紹介します。

 

続きを読む

3時間目 いつか読書する 「疑惑」近松秋江 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

みるきくあそぶえほんの会 2019年6月30日 Fairy Tale であそぼう! 

続きを読む

2時間目 やりたいことがたくさんあるのさ 「いのちの初夜」北條民雄 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

1時間目 暴力的なほど透明に 久芳真純「優しくあることを許して」展 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 

大学の校舎のエントランスで、私は二度、その現場に立ち会ったことがある。

 

「ガシャン」という大きな音。見ると学生がガラス戸の眼前で突っ立っている。彼は私の知人だ。足元にはガラスの破片が散らばっている。つまり、いま彼はガラス戸を破壊したのだ。授業の狭間のせわしい時間ゆえ、案外注目を集めない彼の、しかしその目は泳いでいる。つと歩み出た中年の常駐警備員。あいつ逃げる気配もないらしいが、おかしいことにすでに腕を掴まれている。

 

 わざとではなく、不覚にもガラス戸を蹴り破ったということだった。少し切ったらしく、罪のない彼のおでこには絆創膏が貼られていた。

 

 ガラス戸は、戸にガラスをはめた、そのデザインの主な目的として、内部と外部とを隔てる、その仕切りの透明化ということがあろうか。外光を取り入れつつ、戸の第一の役目をも獲得する。研究に励む内の人々の閉塞感を低減するには、ガラス部分の透明度が高いことが肝要。清掃員はきっと、我々学生たちのことを思って丹念にガラスを拭いてくれたのだろう。その懇ろな思いが、ついに空気と同化するほど透明なガラス戸を現出せしめ、知人の半身を喰った、というわけか。拭き上げた職人技を、お見事、と言っても、その、あるはずのガラスが、見えぬ。

 

 この現象を私は二度見た。

 

 10年以上前の、のんびりした話のようだが、このとき彼が味わったであろう狼狽はいかばかりか、推し量ってはふいと身震いしたものだった。

 

 しばらくぶりに、その身震いと同種のおののきを感じたのが、このたび観た、久芳真純の作品だった。

 

 タイトルにある人の「優し」さとは、磨きまくったガラス同様、目に見えないものである。そして、「優しくある」はずの人の仕草は、行為者の思惑を超えて、ときに他者をがぶり喰う、のかもしれない。いつのまにか当たり前になしている私の日常生活の仕草は、中空に額縁を当てはめる虚構(演劇的手法)によって、解体され再構築されることで、上滑りし続ける誰かの不器用なポーズとして、示し出されている。

 

5月24日まで gallery 112(あかぎハイツ)

 

午後3時のカトウ塾 加藤亮太 連載はこちら