Sblog

連載コラム


今日のホニャララ  by HICKEY

HICKEY 園児と猫の母で主婦

 

浅く広い好奇心から見つけた、

ジャンル問わずの「モノ」「コト」を自分なりの解釈で紹介していきます。

ココから誰かの未来のお気に入りが見つかりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロフィール>

猫・植物・本・音楽を愛する1児の母。

オモチャとゲームは買わないけれど、本は漫画以外なら何冊でも購入OKという教育方針の中で育ち、本の世界から知った何事にも興味を広げるように。

ただし飽きっぽいので、浅く広く緩くゆるーく。

幼少期からの落ち着く匂いは図書館・図書室と墨の匂いで、新しいモノより古いモノを好む。

建築を学んで職業とした後、紆余曲折経て現在は他業界で働く主婦。

人付き合いは深く狭くを好み、人見知りのあがり症。

故に挙動不審で要らぬことを話しがちだけれど、文章だったらちょっと饒舌。

 

今日のホニャララ  by HICKEY 連載ページへ

 

 


午後3時のカトウ塾 加藤亮太

 

感想大好き塾長・カトウが、書物、美術、音楽、演劇、映画にまつわる感想を書きます。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈プロフィール〉

 加藤亮太 1984年東京都葛飾区生まれ。中学生のための学習塾「カトウ塾」塾長。

2007年 バンド「august」結成。2008年 映画製作「new clear august」「ガリバー」「自棄っ鉢にどでか頭をぶッつける」等。

初小説「ことぶきの日」(同人誌『新地下』創刊号)。日本映画学校入学。2011年 小説「催促の電話」「冷製玉手箱」。

某大手塾にて塾講師。2012年 小説「わが遁走」「ダイヤモンドダスト」。

塾設立を企図。2013年 小説「狂犬病予防接種」「表層」「観賞」。バンド「オガアガン」結成。2014年 小説「かかし」。

某メーカー勤務。2017年 小説「弟の車」。2018年 小説「オメデトウ」。

2019年 独立、開業。

(※ すべての映画・小説は新人賞を落選し、すべてのバンドは解散した。)

 

 カトウ塾は、公立中学生のためのシンプル学習塾です。

 都立高校受験対策に特化し、成績アップ・志望校のランクアップを目指します。

 葛飾区東水元にて夫婦で運営しております。

 

カトウ塾 https://www.katojuku.com

 

午後3時のカトウ塾 加藤亮太 連載ページへ

 


~ゆる~く語り湯~ コングラッチ町田

 

昨今、リアルタイムにつぶやく事が流行っておりますが、この企画はSmoke Booksの店主の口癖である「ゆる~く」をモットーに、私が最近聴いている音楽をゆる~く語ります。
題して、「ゆる~く語り湯」とさせて頂きます。皆様、風呂入った気分でご覧ください。

プロフィール 名前 町田 康司

         職業 出版社勤務

バックナンバーはこちらへ

 


picture book is.... by きたざわともこ

picture book is....  by きたざわともこ

 

smokebooks店主の sekkie!が えほんとこそだての まわりにある”あれこれ”を書いていきます。 

 

 

バックナンバーはこちら


みる・きく・よむ smokebooks

smokebooks のお知らせなど

 

バックナンバーはこちらへ


新着


11時間目 ロンドンズバーニング 「推し、燃ゆ」宇佐美りん 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

10時間目 基準を超えて 「第七官界彷徨」尾崎翠 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

その作品が出たのは、2011年3月11日より前か、後か。

 

 この確認を私は欠かさない。読むにも、観るにも、聴くにも。

今年は、あの震災から10年。それでも、作品に対するこの確認作業は、私の癖となっている。きっと、一生続くと思う。

 

その作品は、どの世界で生まれたのか。あの震災を経験した世界で作られたものなのか、それとも、そうではないのか。

そうなら、「じゃあ、私と地続きの作品だ」と思う。

そうでないのなら、「じゃあ、向こう側の作品だ」と思う。

 

これは一定の事実だ。そうだ、事実に過ぎない。

続きを読む

9時間目 深夜のそうめん 「首里の馬」高山羽根子 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

8時間目 洗濯する人生 「吊籠と月光と」牧野信一 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

7時間目 大人の本音 「和解」志賀直哉 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

自閉症スペクトラムへの扉 by HICKEY 第5回

 

終わりが見えないトンネルの中にいるような状況が続いています。

澄んだ青空。桜の開花。この春はいつもよりも自然の美しさに癒されますね。

不安な日々ですが、皆さまお気をつけてお過ごし下さい。

 

突然ですが、4月2日は国連が定めた『世界自閉症啓発デー』だとご存知ですか?

自閉症に関する理解を深め、自閉症のある人を含めた、すべての人が過ごしやすい世界を実現していくための日です。

 

1月のある寒い朝の出来事です。

通勤電車から降りてふと横に目をやると、隣の車両から裸足の男の子が降りてきました。

「裸足?!」と驚いたのは私だけではなかったようで、振り返る人達。でもよく見ると、手に男の子の靴を持ったお母さんがすぐ側にいて、男の子は楽しそうに歩いています。

「もしかしたら発達障害や感覚過敏があって、何か裸足で歩かせるような事情があるのかもしれないな。」と、心配する状況ではないだろうと察した次の瞬間、「裸足なんて何を考えているんだ!」と男性が怒鳴って去って行きました。

言われ慣れたような諦めの表情を見せ、目に涙を溜めるお母さん。意に介さず楽しそうな男の子。

その光景を見て胸が痛くなり、「声を掛けようか・・・」と迷っているうちに、その親子は行ってしまいました。

 

 ケースは違えど、他にも似た様な場面に遭遇した事があります。

その度に思うのです。自分には何ができたのだろうかと。

 

最近は子どもにも大人のような「規律」や「自制」を求められる事が増えてきました。

勿論、子どもであってもルールは必要。でも、そのレベルが年々高まっているように感じませんか?

世の中のその流れは、子育て中の母にとってかなりのストレスになるのですが、「規律」「自制」が苦手な発達障害のお子さんを育てるお母さん達は、更にストレスフルである事は想像に難くありません。

だからこそ、困っている姿を見ると「何か出来ることはないのか?」と考えるのですが、これがなかなか難しい。その子の個性や状況に合ったものでなければ、差し伸べた手が逆効果になってしまうこともあるからです。

 

では、周りができる事は何なのか?それは「知る」「見守る」事なのかもしれません。

でも身近に当事者がいなければ、その種の本を手に取ったり、知ろうとする機会は少ないのが現実。

ということで、今回は私が『アート』という違う入口から偶然知った、自閉症スペクトラム関連の本を3冊ご紹介します。

 

 1.「すずちゃんののうみそ」 文:竹山美奈子 絵:三木葉苗 監修:宇野洋太(岩崎書店)

 

 

続きを読む

5時間目 ティーンエイジファンクラブ 「葛飾土産」永井荷風 午後3時のカトウ塾 加藤亮太

続きを読む

花水木展 2019‐2020winter 2月16日まで! みるきくよむ

smokebooks 清澄白河店にて開催中の

『花水木展 2019‐2020 winter』 

いよいよのこり10日間となりました。

期間中に足を運んでくださいましてありがとうございます。

テキスタイル・ファッション・アーツアンドクラフツに関係のある7名の作家による 個性的な作品。

<すべて 欲しくなります。>

まとったり、飾ったり、持つことで 楽しく、元気になります。

作り手を尊敬する気持ちや 大切に使用することで 生まれる愛着と自分の中の豊かさというしあわせ。

 

合理性を求めたらきりがなく ファストなものがあふれる昨今でも

意識するだけで こんなにも 豊かに <モノ> を感じることができるんですね。

作家たちの手仕事に 感動しています。

 

あと少しの期間ですが この機会に 素敵な美術作家による作品をご覧いただきお気に入りを見つけてくださいね。

 

先日 ミナペルホネン「つづく」 minä perhonen のデザイナーでもある

絵本作家の長江青さんの作品も加わりました。

作家のプロフィールなどはこちら。

 

(こちらの展示は 会期終了後 数名の作家の作品のみみのり台店へも巡回いたします。)

 

続きを読む

本を飾ろう by HICKEY 第4回

早いもので、今年もあと数日ですね。

ハロウィン、クリスマス、お正月。

イベント続きで慌ただしかった後半戦ですが、お正月だけでものんびり過ごしたいものです。

 

突然ですが、音楽は配信派ですか?CDやレコード派ですか?

配信サービスが出始めた頃に好きなアーティストが聴けなかったこともあり、私はCDレコード派でした。

最近久々にチェックしてみたところ、最近は結構マニアックなアーティストまで網羅されている事に気がつき使ってみたら、まぁ!便利。

履歴からコレ好みじゃない?と紹介された曲から新しい出会いもあるし、定額聴き放題は魅力的。

レコードに関してはまた違った魅力があるので聴き続けるとは思うけれど、CDは購入が減るかもしれないなと、今更ながら少し時代に追いつきつつある昭和世代です。

本を取り巻く状況も同じく電子化が進み、読書が好きな人も「本」という形態で購入する人は減りつつあるとか。

でも私は音楽は移行できても、本はどうも移行できる気がしない。電子画面だと内容が頭に入ってこないし、本には「所有する喜び」も求めてしまうからだ。

装丁・手触り・匂い・・・。本には「雑貨的」な要素がある。

どんなに電子化が進んでも、かつてあったMDや、これからCDが歩むであろう道を本が辿る事はないだろう。レコードやカセットテープが何だかんだと無くならないのも、雑貨的要素が見え隠れするからだと思う。

という事で、今回は本を雑貨として捉えて「飾る」というテーマです。

 

 本を飾ると言えば、手っ取り早いのは立て掛ける。

マガジンラックでも表紙を見せるタイプのものがあるように、デザインが1番考えられている表紙を見せると簡単に雰囲気が作りやすい。こういう飾り方は写真集や画集がハマります。

続きを読む