偶然世界 フィリップ・K・ディック

¥350
¥350

SF界の鬼才<フィリップ・K・ディック>の

処女長編作。

SFを超えたSF。

人の考えていることがわかるのか?

テレパシー・クイズ・宇宙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SFとしてはもちろん、

自分の考えていることが理解されることのない苦悩が

SFを使って描かれている。

<フィリップ・K・ディック>の想像している世界は、

理解できない、ただその端に触れるだけで

日常から飛び立つことができる。

 

 

 

 

 

偶然世界 フィリップ・K・ディック

小尾芙佐子訳

ハヤカワ文庫

 昭和60年3刷

古書¥350(税込)

注文
注文